京都のキャバクラと言えば、和の趣溢れる店内に落ち着いた大人の女性キャスト、ゆったりリラックスしながらライトアップされた中庭を眺めて京都の夜を満喫出来るイメージです。
ところが京都のキャバクラは高級志向の落ち着いたお店だけでありません。

早朝6時からオープンしている朝キャバ、女子大生の多いキャバクラ、制服キャバクラなどバリエーションも様々。
あえて京都らしくないキャバクラをご紹介します。
美魔女の熟女が接客してくれる熟キャバ!

京都にもある「制服キャバクラ」

京都には、キャバ嬢が制服を着て接客してくれる「制服キャバクラ」もあります。
「私立花男女学院(昼キャバ)」は、学生時代をコンセプトにした今までにない個性的なキャバクラ。

せっかく女の子がソファーに座ってくれても距離が遠くて話しが出来ない、いつの間にか延長されていた、いかにも水商売の女の子に引いてしまう……
こんな経験のある方は、「私立花男女学院」がお勧め。
マンツーマンで女の子が接客してくれるので「キャバ嬢と全然話せなかった」という不満はゼロ。

さらに時間延長が必要な時は従業員がきちんと確認してくれるから、会計時に予算オーバーもありません。
お店は夜10時のクローズなので飲みすぎて翌朝の仕事や学校に支障が出る事もほとんどなく安心。
キャバ嬢が制服というコンセプトだけではなく、利用者の事もしっかり考えてくれています。

  朝キャバ・昼キャバと言えばここ

CLUB LEGORIS

キャバクラと聞くと一般的に夕方6時前後からオープン、クローズは真夜中というイメージがあります。
ところが京都市内には、なんと早朝6時から開店するキャバクラもあるのです。
それが祇園四条駅(京阪本線)から徒歩3分にある「CLUB LEGORIS(レゴリス)」。

CLUB LEGORISは早朝6時に開店し、朝の部は午前11時に終了。
昼の部は午前11時から夜9時まで。
そして夜の部は夜9時からクローズまでと「ほとんど一日中開店しているキャバクラ」なのです。
いつ飲みに行っても営業しているのでとても便利。

「早朝6時から飲みに行く人がいるの?」と思われるかもしれませんが、夜のお仕事をしている男性、夜勤明けでパーッと飲みたい方、時間が自由な自営業者、オールナイトで飲んでみたけどまだ飲み足りない方などに重宝されていますよ。
「新幹線の時間まであと3時間あるから、ちょっと飲んでいこうか」そんな観光客の方にも便利が良いと好評です。

画像出典元:http://tainew-kansai.com/shop/view/251/

  女子大生が多いキャバクラも人気

Club Noahliam

阪急京都線・西院駅から徒歩5分にある「Club Noahliam(クラブ ノアリア)西院店」は、10代後半から20代前半の女の子が特に多いキャバクラです。
とくに現役女子高生が多数在籍している事でも知られており、女子大生が好きな方にはたまらないお店です。


画像出典元:http://noahliam.com/saiin/