京都には、毎年多くの外国人観光客が訪れます。
日本に興味をもち日本での観光を楽しんでいる外国人の中には、京都のキャバクラに足を運ぶケースもあるのです。

実はキャバクラは日本にしかない、日本独特の文化の一つ。
物珍しさもあってか海外からの観光客がキャバクラに遊びに来る事もあります。
とくに海外からも観光客が多い京都は、外国人を意識した「和テイスト」のキャバクラが多くなっています。

このページでは、海外からの観光客が喜ぶ「和風キャバクラ」についてまとめています。

古い京町屋を全面リノベーション

和風キャバクラの中には、店内の雰囲気を和風にまとめた店舗もありますが、京町屋を丸々一棟リノベーションした祇園の「華小町」は他を圧倒する存在感。
もともとが京町屋なので、店内の外観はとてもキャバクラとは思えません。

内装は京町屋そのもの。
中庭には趣のある小さな日本庭園があり、和の雰囲気が存分に楽しめます。
建具なども全て和風に統一され、天井は京町屋の風情をそのまま残しており海外からの観光客にも満足出来る雰囲気です。

ここまで徹底的に和テイストを追及したキャバクラではなくても、店内の壁一面に桜や孔雀をモチーフにした飾りが施されたり、テーブルに金魚をモチーフにしたイラストが描かれたりと、日本の美をテーマにしたキャバクラがあるのも京都の魅力です。

キャバクラのHPも英語対応

海外からの観光客を多く受け入れているキャバクラの場合、お店のホームページを見ると日本語だけではなく英語対応になっています。
海外からのお客様に配慮している、ということなんですね。

海外からのお客様の受け入れが可能なキャバクラは、キャバ嬢に英語や韓国語、中国語が話せる女の子がいるのも特徴です。
もし海外からのお客様を連れてキャバクラに遊びに行く時は「英語(韓国語や中国語)が喋れる女の子はいますか?」と問い合わせしておくと良いですね。

  おすすめの和風キャバクラはここ

華小町

和テイストのお勧めキャバクラと言えば祇園にある「華小町」。
築130年の古い京町屋をそのままリノベーションした店舗なので、ビルのテナントとして入っているキャバクラとは全く雰囲気が違います。
本格的な和風キャバクラを体験したいなら華小町が特にお勧めです。

他にも京阪本線・祇園四条駅から徒歩3分にある「UNJOUR祇園 アン・ジュール祇園」も和テイスト漂う風情あるキャバクラなので、和の趣を味わいたいなら是非。
「華小町」はVIPルームも完備!


画像出典元:http://www.caba2.net/osaka/hanakomachi/